一乗寺:カフェアノニマ

一乗寺:カフェアノニマ

左京区は、京都の中でもハイレベルなカフェが至るところに佇んでいます。café anonimaは、そんな左京区にある、ゆっくりできるカフェのひとつ。電車では少し行きにくいですが、車やバスで白川通りの気持ちの良い並木道を走れば、北大路通りとぶつかるT字路の近く、細い脇道の少し奥に立っています。観葉植物の配置されたウッド調の店内は、席数は多くありませんが、ひとりやふたりで入るのにちょうど良い、ほっとする空間。棚に所狭しと並べられた本や雑誌は、世界旅行関係のものが多く、ひとときの空想の旅に出ることができます。

お食事は、アボカドマグロ丼や焼き鳥丼など、丼ものが豊富である他、オムライスやカレーのワンプレートもあり、いわゆる“カフェご飯”がボリュームたっぷり味わえます。スイーツはクレームブリュレや季節に合わせたケーキなど。コーヒーは大きめのマグカップに入っていて、読書の時間を過ごすには十分なのが嬉しいところです。さらに本棚の片隅には、ゲストブックが。他のお客さんの雑多な落書きを眺めて笑うのもよし、自由に感想を書くのもよし。何か書けば、ちょっと風変わりな店長が返事をくれるので、次に訪れる楽しみも増えますよ。

お店の情報

 関連サイトhttp://www.cafeanonima.com
必ず事前に移転がないかご確認ください

ABOUTこの記事をかいた人

miwachin

miwachin.com管理人。大阪在住。1996年から"組織に縛られずに自由に生きる"をモットーにネット上で活動をはじめた”フリーワーカー、主婦、二人姉妹の母。パソコンのお仕事をはじめて20年間、飽き性も手伝ってWebデザイナーからデータ入力までいろ〜いろしてきました。今は好きな仕事だけを選んでやっています。私にはこれぐらいがちょうどいい。