福島の旬彩和央で火いら寿飲んできました。

仕事が終わって、いつも福島で飲み歩いてる友人弁護士さんとディナーミーティング。その後、私の「ちょっと飲んで帰りたいわ〜」の一言で彼が選んでくれた旬彩和央さんです。でも二軒目にするにはもったいないお店ですよ。

旬彩和央さんは鴨ロースが美味!!

二軒目って事で、お腹は空いていなかったのだけれど、とりあえず前から食べたかった鴨ロースを注文。常連である彼がいつもこれを食べてるのをSNSで見てたんで、お腹いっぱいやったけどはずされへんかった。やっぱり彼の舌は私とよくあう。はずした事がありません。ほんのり赤身が残る肉がとってもジューシーで実に美味しかった。

これさえ食べたら満足やったんやけど、お酒飲むならなんか食べたいね〜って事で店主さんにお願いして軽い肴。それからおすすめの日本酒を用意してもらった。

レアな日本酒めっちゃおいてるで

ここの店主さん、お酒の造詣が深い。私が苦手なお酒や好みを伝えると、いくつか提案してくれた。

miwachin
私の好みをどんぴしゃであててくれはるっ!

だけども、今日のお会計は彼持ちだ(笑)飲んだことがないお酒がいいに決まってます。その気持を察してくれたのか店主さん、彼に断りを入れた上で、3本程もってきてくれました。
私は前から飲みたかった「火いら寿」一緒にいった友人は写真に写ってるクリアのボトル…名前失念。
どちらもとってもレアなお酒で手に入りづらいんです。火いら寿は一口目はほんのりフルーティーでその後にハーブっぽい香りがして、そしてちょっと木の実のような香りがする深い味わい。でも爽やかでスッキリしてました。飲めてよかった〜。

釜炊き五目はおにぎりにしてもらおう

いつの間にか友人が釜炊き五目を注文していた。「朝ごはんにしたらええよ」とおにぎりにしてくださった。紙袋の中には大きなおにぎりが4つ。おしぼりまでいれてくださった心遣いがうれしい。翌朝食べた五目ご飯は、さめていてもめっちゃ美味しかったです。友人がおみやに持たせてくれた理由がよくわかりましたよ。

miwachin
今度はお腹好かせていきたいなあ

お店の情報

必ず事前に移転がないかご確認ください