謝罪メールをいただきました。

頭脳迷宮はコラムにも日記にもならない雑記書いてます

前回のブログ(非公開設定済)を書いてから、時はあまりたっていませんが、28人の方から謝罪メールをいただきました。ありがとうございました。

まだ心の整理はついてませんが「ありがとう」を伝えたい

ブログまで書いてくださった太郎さんをはじめ、その他全くしらない方からも謝罪メールが届きました。その数28人。まだ全ての方にメールの返事ができてません。申し訳ありません。これだけはいち早く伝えたかったんです。「メールをしてくれてありがとう

96年からインターネットの世界にはいり、出会った数は数千人。その間、いろんな方とのトラブルがありました。しかし、ストーカーとして職場までお仕掛けてきた人以外はリアルに介入してくる人なんていなかったんです。それが…前回のブログには書いてませんでしたがこの2年ほど会社にクレーム電話をしてくる人まで現れて、困っていました。

私が何か気に触ることでもしたのか?と考えてみても思い出せる事もなく、クレーム電話も嘘ばかり。私が一切乗務をしていない日に「御堂筋を100km/hぐらいで暴走していた」「客に怒鳴り散らしていた」等、ありえないことばかり。別件のストーカー[*1]の件もあり、会社に迷惑をかけてはいけないと逃げまわっていましたが、その生活ともさよならできそうです。会社へクレーム電話してきてた人からも謝罪メールがありました。よかった。この方とは近いうちに一緒にご飯を食べに行く予定です。

うらまれてる理由なんてとくになかった

28人から届いた謝罪メール、全ての人に理由はきけてません。でも一番気になっていた会社に電話を繰り返していた人からは理由が聞けました。

なぜそこまで私に嫌がらせを続けたのか?私があなたに何か悪い事をしたのであればきちんと謝罪をしたい。

ずっと気になってたんですよ。こんなに嫌がらせをするのはきっと私がこの方に気に入らない事をしたのではないか?と。なにか理由があるに違いないと。でも彼女からのメールは意外なものでした。

私には小さいながらも町工場を経営者の夫がいて、2人の子供に恵まれている。決して狭くはないそれなりの一軒家を保有し、不動産もいくつかもっている。高級ではないがそこそこの値段の車を所持していてお金に困っているようには見えない。アフィリエイト等副業での収入もある。それなのに働いている

それだけの理由。本当にそれだけの理由だというのだ。
でも、私にとってはそれだけの理由でも、彼女にとってはそれだけの理由って言葉じゃすんでないようだ。
個人特定されるとよくないので詳しくは書かないが「羨ましかった」と彼女は言う。

働きたくないのに働かざるを得ない彼女と、働かなくてもいいのに仕事がしたくて働きに出る私の価値観の違いからきた僻みだったんでしょう。人って本当に難しい。

他の人のほとんどもたいした理由はなかった

たいした理由ではないと書いてしまうのもよくないかもしれません。彼らにとっては大問題だったのかもしれませんが…
送られてきたメールを読むと「とくに恨みもなかったし事情も知らずに書いてしまった」とか「羨ましかった」とか「有名だからたたいてもいいと思った」とか「なんでこんな人がタクシー乗るの?他の仕事ができる人がタクシー乗るのは迷惑と思った」とか、私が謝罪しなければならないような話はあまりなくてほっとしました。

理由を聞かせてくれてありがとうございました。謝罪メールを送るのはとても勇気がいる事だったと思います。
でも、あなたが送ってくれたメールで私の心は救われました。

まだ心の整理はついてませんが、少しずつ気持ちは落ち着いてきてると思います。

本当にありがとう!

この件についてはとりあえず気持ちが落ち着いてから改めて書かせてもらいます。

おまけ

この件を有識者に相談した時にスマイリーキクチ中傷事件の話を詳しくききました。彼の事件でもなりすましが現れていたとの事。それを聞いて安心しました。匿名掲示板の中傷ではよくあるとの事。

某掲示板には私のふりをしたなりすましが何度も出没してました。嘘の個人情報がたくさん書かれていましたが、中にはあまり人には知られていない情報も。それを読む度に自分が二重人格か何かで自分が知らないうちに自分で書き込みしているんじゃないか?と何度も病院に相談にいきました(笑)今となっては笑い話ですが…。ほんと、やめようね。そういうのは!(笑)

脚注   [ + ]

1. 私が勤務する会社に追いかけて就職してくる元客の現ドライバーさん