ベテランをストーキングするのも手である。


ランキング参加してるよ。
もっといろんな話を聞きたい!って思ったらポチッとお願いね。

ありがたい事にこのブログを読んでくださってる新人の方から相談LINEが届くようになりました。最近多いのは「道がわからないから流し方もわからない」といったような相談です。1年もタクシーに乗ってなかった私のアドバイスで大丈夫なんですか?間違った事教えてるかもしれないよ?と思いつつも、自慢ですが現役時代は一応、毎日売上がトップにはいってた(昼勤の中限定)ので、自分がはじめにやった事をお話しさせて頂いてます。今回はその内容を少しだけ紹介しますね。参考になるかどうかはわかりませんし、同じようにやっても全く駄目だったというクレームは大歓迎です

空車のベテランを見かけたら追いかけろ!

未経験者限定で数ヶ月〜2年ほど、保障給をつけてくださる会社が増えましたね。まったく乗車がなくても収入が保証されているこの期間は、流し方などを覚えるチャンスです。私はデビューして2ヶ月ぐらいは「勉強期間」と割り切ってひたすら情報収集をしていました。

1番最初にやったのは「空車のタクシーを見かけたら後をついていく」というもの。出庫後、一番最初に見かけた空車タクシーの後をとりあえずついていってました。

最初は流し方どころか道なんて全くしらなかった私。付け待ちできる場所を先輩に教えて頂いても地図もなしに口頭で教えられるのでそこがどこだかチンプンカンプン。たどり着けないし、そもそも、そこへ行ったら待機タクシーばっかりじゃね〜の?って感じで行く気もなく、目的地が定まらなかったのです。なので、空車のタクシーを追いかける事にしたんです。

空車のタクシーはとりあえずはお客様に乗っていただくために走ってますよね。それがタクシー乗り場に向かっているのか、ただ流しているだけかはわかりません。しかし、乗り場に向かっていたとしても乗り場に行くまでの道を覚える事ができるし、流しているだけなら流し方が覚えれます。たまに流し方が下手で、なかなかお客様に拾っていただけない方の後をついていってしまう事もありますが、それでもペーペーの新米よりかは遥かに上手な方が多いです。

そうやって先輩方のストーキングをしていると、いろんな営業テクニックを知ることもあります。書きすぎると価値がなくなってしまいますのでここでは書きません。自分の目で見て覚えてください。数をこなさないとあたりがでないかもしれませんが新米だった私には目からウロコなテクニックを沢山知ることができました。センスのある方ならすぐに思いつくようなテクニックなんでしょうが私のような凡人はいつまでたっても自分では思いつかないような事を短期間で会得できたりするので、意識しながら見る事をおすすめします。

また、人通りの少なそうな路地にはいっていく空車タクシーの後をついていってみたら、穴場スポットを発見する事もありました。その時は自分のタクシーにはご乗車いただけなかったとしても、「ここでなぜお客様はタクシーに乗ったのか?」と考え推測し今後に活かす事ができるかもしれませんよね。

お客様の見つけ方はベテランさんから盗むのが良いかもしれない。

おいしいお客様はみんな隠したがる!

ブログやTwitter、iPadTaxiNavigator等で日報を公開する方が増えました。それらを参考にしている方も多いでしょう。しかし、わたし、大先輩から聞いちゃったんですよ。何を?って?

大先輩
俺、おいしい仕事は流してへん

そりゃそうか。おいしいお仕事を奪われるような事をするなんて馬鹿です。隠してるのが当たり前ですよね(^^;

ならば盗むしかない!

流してる時に「この先輩いっつもここに停めてるなあ?なんにもないところなのに」って思うことありませんか?気になったら兎に角、時間なども一緒にメモ。余裕があるときに休憩がてらその付近で待機していたら、美味しい無線が落ちてくることもあります。また無線ではない場合もあるので、たとえ他社であっても気に留めておきましょう。いつもそこに停まっているのは何か理由があると思うので気になったら一度待機してみるのも良いかもしれません。
私も個人タクシーがよくとまってるタワーマンションの前で待機していたら「毎日この時間に乗ってんねん」というロングでおいしいお客様を見つける事ができました。以降、よれる時はその時間に行くようにして良い想いさせていただきました。

やりすぎると嫌われるので程々にね。

おまけ

先輩の技術を盗むのは非常に有効な方法だとは思いますが猿真似しただけでは、やはりうまくいかないものですよね。そう簡単なものではないと思います。情報をとにかく集め、取捨選択する必要があると思います。

私はとにかくコツコツデータを集めるのが好きなタイプです。ベテランさんのストーキングをしながら、なぜここを流すのか周辺の建物等をとにかく調べました。お客様が出てきたビルに入居している会社の事業内容、始業時間や従業員数。そこから営業マンの数を推定してみたり始業時間から営業に出る時間帯を考えたり。営業車の有無も勿論チェック。それらから乗車がありそうな時間や人数等考えてました。予想がはずれる事のほうが多かったですけど(笑)ときには求人サイトで初任給などを調べる事も…。社員さんの懐具合がだいたいわかりますからね。高給な所は終業後の移動がタクシーって所が多かったです。

また朝は女性の足元もチェック。高いヒールをはいて出勤する女性が多い会社などは帰りはタクシーで駅まで、あわよくば自宅まで、はたまた遠方の彼氏宅までなどもあったりします。私もOL時代はそんな感じでした。行きは良い良い帰りはクタクタでしたもん。なので終業時間に狙ってみたり。

他には高齢者の乗車が多いマンションを発見したら曜日を記録しておくとかもありますね。通院のために毎週同じ曜日に同じところから乗車する方もよくいます。

はずれる事も多いのですが、そこから得られるものもあるので、何も考えずに真似をするだけではなく、思いつく理由全部データとして残しておくと良いかもしれません。

兎にも角にも何事もコツコツが大事ではないでしょうか。

最後に…この記事を読んだデビューしたてほやほやさんが何年か先に「あんたのいう事は間違ってた!こっちのほうがいい!」と突っ込んでくる事を楽しみにしてます(笑)化粧品なんかと似たようなもので、その人にマッチしてるかどうかは試してみないとわからないものです。私はこういうやり方をしていたけれど、他の人はこれでうまくいかないかもしれません。自分なりのやり方をみつけて、それを共有してくれたら他の新人さんの参考にもなるかもしれません。いろんな営業手法の情報が集まったらいいなって思います。


ランキング参加してるよ。
面白い!と思ったらポチッとお願いね。

女性の方へ
タクシー会社への就職相談のります。
女性最優先。