タクシーにシェア傘があったら便利じゃない?

みわちんはもうタクドラ辞めてます。

日本洋傘振興協議会のホームページによると、洋傘の国内年間消費量は推計で1億2~3千万本にもなるという。

傘のシェアをもっと気楽に♪

タクシー乗務をしていた頃、急な雨でタクシーを傘代わり利用するお客様が非常に多かった。特に観光客などは傘をもっていない事も多いので困っているのをよく目にした。

しかし、傘代わり利用は、阪急三番街など屋根のある乗り場から乗車するのは良いのだが、降りる時は結局ずぶれになるのである。かわいそうに…。

なので私は雨がふるとわかっている時は、家で余っていたビニール傘をトランクに数本積み込んでいた。傘をもたないお客様に使っていただくためである。捨てる手間も省けるし、破棄予定の傘を利用して頂いて喜ばれるので実によかった。でもね、お客様に渡した傘は、その後どうなったんだろうか?ただで貰ったモノであるから、そこら辺に捨てられてるのではないだろうか?と少し心がいたんだ。

そんな時に知ったのが「アイカサ」というサービスである。

アイカサはビニール傘を好きなタイミングで借り、必要がなくなれば返却できるシェアリングサービスで現在渋谷区を中心に広がっているらしい。残念ながら大阪ではまだこのようなサービスはないようだ(私が知らなかっただけならすみません。情報ください)

miwachin
タクシーにシェア傘があったら便利じゃね?

タクシーにシェア用の傘があれば、もっと気軽に利用できるんではないか?って思ったんだよね。

タクシーだと気軽に借りられる、気軽に返せる

アイカサの利用方法を調べてみると、アイカサを借りるにはシェアスポットで借りて、シェアスポットに返却をするシステムのようである。
借りる時もちょっと面倒だが、返す時も面倒な印象を受けた。

必要な時の一手間は気にならないが不要になった時の手間って惜しみたくなるものではないだろうか?わざわざお店まで返しにいくのは本当に面倒くさいと思う。でもタクシー乗り場に並んでるタクシーへ返せたらめっちゃ便利じゃない?

広告プリントすればいいじゃない

タクシーにシェア傘の話、もっと深く考察してからブログ公開しようと思ったけど、あとで考えるとして、とりあえず他の方の意見を聞きたいのでこれで出します(笑)
今考えてるのは、傘に広告プリントしたらええんちゃう?と思ってるんだけど問題あるやろか?意見お待ちしてますね。

ABOUTこの記事をかいた人

miwachin

miwachin.com管理人。大阪在住。1996年から"組織に縛られずに自由に生きる"をモットーにネット上で活動をはじめた”フリーワーカー、主婦、二人姉妹の母。パソコンのお仕事をはじめて20年間、飽き性も手伝ってWebデザイナーからデータ入力までいろ〜いろしてきました。今は好きな仕事だけを選んでやっています。私にはこれぐらいがちょうどいい。