女性ドライバーが乗りたいタクシーについて考えてみる。

1年ぶりに年下女性ドライバーとお会いした。1年前はピッチピチだったのに急に老け込んでいた。職業柄仕方ないのかなあ?なんて悲しくなった。

女性乗務員はピンクのタクシーに乗りたいのか?

かの有名なワンコイングループの会長様のブログの4月30日の「来たれ女性乗務員。」というエントリーに非常に気になる部分があった。

大阪ではふれあい交通さんが女性乗務員採用に力を入れています。街中できれいなピンクの車両を見掛けます。ワンコイン南花田でも、ピンクプリウスを導入して、女性が優先的に乗るようにしています。女性のお客さんからしても、女性の乗務員さんを見ると安心してもらえるケースがあると思います。

「男だな〜」と思ってしまったよ。
あ、すみません。ディスってるつもりはないです。男なんだからこれは仕方ない部分だと思うんですよ。(会長さんがもし女性ならすんません)

ピンク=女性!っていうジェンダーバイアスについてはむっとしましたけど、ま、それも仕方ないとしてスルーしましょう。

本題にはいります。

タクセン同期のお姉さまが一時期、ワンコイン南花田のピンクプリウスを乗っていたことと、その当時、私が在籍していた「ファミリア交通」でもピンククラウンを保有していた事から、ピンクのタクシーについては女性乗務員をはじめ、お客様とも何度も話した事がある。

その結果あれは誰得なの?としか思えなかった。
話題性だけのもんでしょうって結論。

若い女性乗務員でもピンクの車を運転したいなんて人はほとんどいない。「目立つから嫌」とのこと。

私は若くないですが、ピンククラウンの乗務をすすめられた時は真剣に嫌だったし「辞めますね」とはっきり言いました。

私のまわりの女性乗務員でピンクってい〜じゃない?って言ったのはたった一人。大阪以外の地方都市に住んでる24歳のピンク好きのピチピチの女の子。

彼女以外で「ピンクのタクシ〜で乗務したぁいかわいい♡」って声は聞いた事がありません。

まあ、人間、似た者同士が類友が集まるもので違うコミュニティで調査すれば、ピンクを乗りたがってる人たちもいるかもしれませんがね。

でも、もしかしたら、ふれあい交通さんの女性乗務員さんはピンクのタクシーが大好きかもしれませんね。話したことないからわかんないですけど、ピンクが嫌すぎたら、そこに勤めてないでしょうし、ね。
南花田の女性乗務員はどうでしたか? お話、聞いてみました?

さて、お客様はどうでしょう?

「ひと目で女性とわかって安心」って確かにあると思います。

でもちょっとまって、それ気持ち悪くないですか?

男性客
このあいだ、ピンクのタクシーがおったから『お?女の子や』って思って手ぇあげたらオッサンやってんや。ぐははっ。でも今日はねえちゃんでラッキー。

って、言われた事があります。

女性ドライバーがいいという客は女性客と限らないんですよ?
乗車拒否ができない以上、女性の性を目的とした男性の乗車もありうる。
現に乗り場でならんでいた時に 私が女だと気がついて何台もすっ飛ばして乗り込んできたお客様、かなり性的な話ふってきてましたからねえ。
男性の中にはそういう人、いっぱいいるんですよ。

女性ドライバーの目線にたっててますかね?お客さん第一で女性乗務員の事を考えてないような気がします。

私達はどこまで性的消費されなければならないんでしょうね。

女性ドライバーって事だけを売りにしてるって私は気持ち悪いと感じます。

ワンコイングループさんはとても良い会社だと思ってます。でもここはちょっと残念だなって印象です。

期待しているからこそ、ここでハッキリ書いたのです。ご気分を悪くしたら申し訳ありません。

女性ドライバーが喜ぶ車は女性客も喜ぶんではないか?

じゃ、他に案があるのか?って話ですが…

有りますあります!これがヒットする!とは言い切れませんが、女性は、というか私が「ちょっとうれしいかも」って思うものが!

それはピンクのBifesTAXI!

嘘です。ごめんなさい。

でもコンセプト的には似てます。

そうです。美容面に気を使ったタクシーです。

1年ぶりにあった年下のかわいい女性乗務員がたった1年で随分と老け込んでました。

原因はタクシーだと私は考えます。

お客様からのストレスは当然ですが、日中働いてる彼女たちは、ずっと紫外線を浴び続けるし、車内温度を保つためのエアコンで肌は乾燥。

そりゃ老けますわ。

タクシーの車内ってお肌にとって過酷な環境なんです。でもそれって、お客様も同じなんですよ。

もしですよ、もし紫外線を99%カット、車内の湿度も美容に最適に保たれてるタクシーがあったとしたら美容に気を使う女性客って乗りたくなりません?

私が客だったら選んでのるな。

ついでに車内ドレッサー的なのがあったらうれしかったりする。タクシーの中でお化粧する人多いもんね。

それでいて、「女性ドライバーが乗ってますよ」って明らかな派手色車を売りにするよりも

「お肌に気を使った車」として、紫外線カット99%などというステッカーでもはってあって、気になった女性客が乗ってみたら「あら?女性運転手さんなの?」って感じだったら、ぜんぜん性的消費って感じしないし、女性乗務員もいや〜な感じしないんじゃないかな?って思います。

ま、これで女性乗務員がたくさん集まった!とはならないでしょうけどね(笑)
あくまで〜も「わたしだったら嬉しいな」なお話でした。

ちなみに、
私も乗務復帰がきまったので、ステッカーはるまではしないけれども、紫外線防止剤ぬりぬりして車用加湿器でもおこうかなと思ってます。